重曹せっけんで食器洗い 私のはまった白い粉シリーズ4

こんにちは、ネスカルです。
いい天気ですね。

今日はまたしても、私を魅了してやまない
白い粉について書きます。

今日の白い粉は、食器洗い用の粉石けんです。

暮らしの重曹せっけん(500g)

暮らしの重曹せっけん(500g)
価格:399円(税5%込、送料別)



これまでは、よく売られている合成洗剤を使っていましたが、重曹せっけんは、果たしてどれくらい洗浄力があるのか!?

ちょうど、オイルがたっぷり入っていたツナ缶を
2つ使ったので 、そのベトベトの空き缶を
実際に洗って比べてみました。

同じ種類のスポンジでそれぞれ泡立て、
くるっと洗って、1回ずつ指でキュッキュ度を確かめます。

1回目、、引き分け。
2回目、、うーん互角です。


両方まだヌルついています。
ツナ缶の油分は強烈ですからね。
オイルランプにもなると聞いたことあります。

しかし3回目、勝利の女神はついに!

なんと 重曹せっけん に微笑みました!!

重曹せっけんの方が、キュッとし出したのです!

やりました!
これまで積み重ねてきた石けんの歴史がものを言いましたね!

ただ、、、
洗剤や石けんの量は、私が普段使う量で比べていますので、正確に同量ってないですし、いつも使う感じで比べましたので、あくまで私の主観です。

実験に私情は禁物です。
要するに適当かい!という突っ込み、ありがとうございます。スミマセン。

しかし、私は少なくとも合成洗剤と比べても遜色ない洗浄力がある、と感じます。

さて、せっけんの使い方ですが、やはり良く泡立てる事が重要です。

そうなると、スポンジも泡立てやすい、目のあらい空気を多く含むものが良いですが、、
私には今お気に入りのスポンジがあるのです。

コストコで買った、これです。


なんか見た目がかわいくて、握りやすく、柔らかい面と適度に硬い面が張り合わせてあるので便利!

こびりつきには硬い面を使い、木製のお椀などには柔らかいセルロース面を。
形も持ちやすいように、まん中辺りがすこしくびれています。

このスポンジでも、じゅうぶん泡立ちます。

重曹せっけん小さじ1くらいを、洗う予定のきれい目のお皿などに出しておいて
こんな風に少しつけてお湯を少し加えてモフモフ泡立ててから洗います。
最後にこのお皿も洗っちゃう。


注意!
スポンジが少小さめに見えますが、私の手が大きいだけです。

はじめにお皿に出した重曹せっけんに水を少し加えて、溶かしておいてもいいですね。
継ぎ足しの時泡立てやすいです。

すすぎは必ず流水で。
水が冷たい時期はお湯の方が早くすすげます。

・液体石けんよりも固形や粉の方が汚れ落ちがよい。
・無添加のものより、炭酸塩やケイ酸塩配合の方が、汚れ落ちが抜群によい。

という内容が私の好きなサイト石鹸百貨に書いてありました。

私が使ったのは重曹入りですが、とても汚れ落ちが良いですね!

とても気に入ってます。

少しはあなたの参考になりましたでしょうか?
もしよかったら、クリックしてくださいね。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ネスカル

Author:ネスカル
こんにちは。ネスカルです。
旦那様・しちめんティ、5歳の娘・げねぼうと3人暮らし。

ひよっこガーデナー・ネスカルが、小さな庭で
植物の世話やDIYで奮闘する様子や、日々の生活を綴っていきたいと思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内ワード検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
よかったら、ボタン押して 応援をお願いします!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
いいもの見っけ!
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
お気に入りブログ
また来てくださいね