アキレギア(西洋オダマキ) レッドホワイトの苗を植えました

こんにちは、ネスカルです。


先日おぎはら植物園から届いた、アキレギア(西洋オダマキ) レッドホワイトの苗です。

2014111301.jpg

開花は初夏で、今の時期は葉しかないですが、それだけでも可愛いです。

真冬は葉も枯れるのかな?


とりあえず花壇に植えてみました。

2014111302.jpg

どんな花が咲くのかというと、



こんな魅力的な花です。

宿根草 オダマキ ‘レッドホワイト’

宿根草 オダマキ ‘レッドホワイト’
価格:324円(税込、送料別)




妖艶! ゴージャス!


なにせ春までバラとコスモスくらいしか意識していなかったガーデニング初心者なものですから、

オダマキという綺麗な花が存在することをつい最近知ったのです。


オダマキってだいたい下向きに咲くらしいのですが、この種類は横~上向きにコンパクトに咲くようです。


1週間ほど経つと、新しい葉が伸びてきました。

2014111303.jpg

よしよし、ちゃんとココに落ち着いてくれたかな。


咲くのに2年くらいかかるようなので、見つめすぎて葉に穴が空きそうですが、

お庭を行ったり来たりして(せっかち)、待つしかありませんね。



アキレギア(西洋オダマキ) メモ
・開花時期
  春~初夏
・環境
  半日陰等。夏の暑さと直射日光に弱い。
・水遣り
  表土が乾いたら十分に。庭植えの場合は、晴天が続いて乾燥してる場合に与える。
  地上部が枯れている冬も忘れずに時々与える。
・用土
  赤玉土小粒7、腐葉土3
・肥料
  植え替えの際に、元肥としてリン酸とカリウムが多めの緩効性化成肥料を。
  3月から9月は週1回液体肥料を1500~2000倍に、真夏の間は3000倍程度に薄めて。
  花が咲いているときは与えない。
・手入れ
  大部分の花が咲き終わった段階で、根元の葉は残して花茎を切り取る。
  宿根草ですが3年ほどすると弱っていくので、種を採っておくと良い。
  6月から7月に熟して先端が開いた果実を取って、タネを集める。
・害虫
  ヨトウムシ、ハダニ、アブラムシ
・病気
  うどんこ病
・植え替え
  芽が出る直前の2月から3月の上旬に、1年おき程度で鉢増しを行う。
  その際、太いゴボウ状の根は傷つけないように注意する。
・増やし方
  種まき、株分け


読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




関連記事

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ネスカル

Author:ネスカル
こんにちは。ネスカルです。
旦那様・しちめんティ、5歳の娘・げねぼうと3人暮らし。

ひよっこガーデナー・ネスカルが、小さな庭で
植物の世話やDIYで奮闘する様子や、日々の生活を綴っていきたいと思います。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内ワード検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
よかったら、ボタン押して 応援をお願いします!


にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
いいもの見っけ!
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
お気に入りブログ
また来てくださいね